JTools JWW互換がインストールされると、ARES のワークスペースに「JWW Tools」と「JWW ToolsIcons」が追加されます。

このワークスペースは、ARES を JW_CADライクな作図環境とする特別な機能です。(JWW互換モードと呼びます)

JWW互換モードは、ARES 本来の AutoCAD 互換CAD環境(AutoCAD互換モードと呼びます)とは大きく異なります。

1つの図面を編集する作業において、「JWW互換モード」と「AutoCAD互換モード」を切り替えて使う事は推奨しておりません。

JWW互換モードで作業を始めるには...

新規図面の場合、「設定無し」と表示されています。

これは、JWW互換モードで作業を行う準備ができていない事を意味します。「作成」ボタンを押して、JWW互換モードで作図を行うための初期設定を図面に対して行います。

「用紙サイズ」と「縮尺」を設定して [OK] ボタンを押すことで、図面に対して、様々な設定が行われます。

画層(レイヤ)

JW_CAD ライクなレイヤ操作を行うために、[0-0] ~ [0-F] ... [F-0] ~ [F-F] 全部で 256枚の画層(レイヤ)が作成されます。JWW互換モードでは、これらの画層のみをコントロールできます。JWW互換モードからは、AutoCAD / ARES で自由に名前をつけられた画層にアクセスすることは出来ません。

寸法スタイル

JWW互換モードで 「寸法」を作図する場合、寸法の色、文字高などの設定は、JWW互換モードにおける「寸法設定」ダイアログで設定します。

JW_CADライクな設定ダイアログが表示されます。

ここで設定した設定は、寸法スタイル「JWStyle」に保存されます。

文字種

JW_CAD 同様に [文種] ボタンで設定します。

線色、幅 / 線種

線属性ダイアログで設定します。

回答が見つかりましたか?