ARES Standard 2018/2019/2020
ARES Commander 2018/2019/2020

ブロックで色が変更できないものがあります。

ブロック作成前にエンティティ作成で使用した画層と色によって、変更できるものと変更できないものがあります。
0画層の ByBlock で描いたエンティティをブロックにした場合は色々と融通が利くブロックとなります。
「画層の変更」や「色の変更」で色が変更できるブロックにしたいのであれば、
0画層の ByBlock でエンティティを描いたものをブロックにしてください。

「0画層」と「画層1」を使用しエンティティを描き、それをブロックにしたときに
「色の変更」「画層の変更」「画層の非表示」「画層のフリーズ」がどのように影響するか
以下でご確認いただけます。

【使用する画層】

【このブロックに対して「色の変更」「画層の変更」「画層の非表示」「画層のフリーズ」を確認していきます】

※点線はエンティティが消えていることを表現しています

【以下はブロックを画層2に変更して「非表示」「フリーズ」「色変更」を行った結果です】

回答が見つかりましたか?