ARES Standard 2018/2019/2020
ARES Commander 2018/2019/2020

ARESを使用するパソコンのオペレーションシステム(OS)を
変更する場合、事前に準備することはありますか?

OSを入れ替えされる場合は、以下の手順をおこなってください。
※同じパソコンでもOSが変わると、そのパソコンのIDが変わる為、
ARESを使うパソコンを変更したい』と同じ手順が必要となります。

・スタンドアロン版の場合(通常のオンラインアクティベーション)

ARES起動時の画面にて[ ログアウト ]をクリックしてログアウトします。

〇 ARES 2018/2019 の場合

〇 ARES 2020 の場合 

OSの入れ替え、ARESのインストール後、ARESを起動されたら[ ログイン ]を
おこなってください。

〇 ARES 2018/2019 の場合

〇 ARES 2020 の場合 

※ARESのログアウトをせずにOSの入れ替えをおこなった場合、ライセンスが
使用された状態で解除が出来なくなっています。その場合はカスタマーポータル
https://customer-portal.graebert.com/ )にて解除をおこなってください。
ライセンスの解除方法につきましてはダウンロードサイト
https://www.graebert.jp/trial_dn )にあります『インストールガイド(スタンド
アロン版)』の『ARESを使用するパソコンを変更したいとき』の項目に手順が
記載されています。

・スタンドアロン版(オフラインアクティベーション又は
           匿名アクティベーション)

以下のURLより再アクティベーションの申請をおこなってください。
https://www.graebert.jp/re-activation-form

再アクティベーションの完了のお知らせのメールが届きましたら、
オフラインアクティベーション又は匿名アクティベーションをおこなって
ください。

※オフラインアクティベーション/匿名アクティベーションの方法につきましては
ダウンロードサイト( https://www.graebert.jp/trial_dn )にあります、『インス
トールガイド(スタンドアロン版)』の『オフライン環境でのアクティベーション』又は『電子メールアドレスがない場合のアクティベーション(匿名アクティベーション)』の項目に手順が記載されています。

・ネットワークライセンス版(クライアント)

OSの入れ替え後、ARESの起動画面にてライセンスサーバーの指定をおこなって
ください。
※ライセンスサーバーの指定方法につきましては、ダウンロードサイト
https://www.graebert.jp/trial_dn )にあります、『インストールガイド(ネット
ワーク版)』の『ライセンスサーバーの指定』に手順が記載されています。

・ネットワークライセンス版(ライセンスサーバー)

OSの入れ替え前にNetwork License Managerの停止とアンインストールをお願い
致します。OSの入れ替え後、Network License Manager をインストールして
頂きまして、セットアップをお願いします。
また、パソコンのIDが変わる為、再アクティベーションの申請と新しいライセン
スファイルの取得が必要となります。
参考:https://support.graebert.jp/ja/articles/2575731

回答が見つかりましたか?