ARES Standard 2018/2019/2020
ARES Commander 2018/2019/2020

新しいパソコンを導入しました。古いパソコンの設定を移行したい

古いパソコンの設定ファイルを抜き出し、新しいパソコンの設定フォルダに入れて

から起動して頂ければ設定が反映されます。
注意:この手順にはライセンスの設定移行は含まれておりません。
   
01. 古いパソコンのCドライブを開きます。『表示』タブの『隠しファイル』に

 チェックを入れます。

02. 『ユーザー』フォルダ - 『使用者』フォルダ-『AppData』にあります

 『Roaming』を開きます。お使い頂いております『ARES Commander

 Edition x64』又は『ARES Standard Edition x64』フォルダをデスク

 トップにコピーします。

03. コピーしたフォルダを新しいパソコンのデスクトップに移動します。

04. 新しいパソコンにお使い頂いております『ARES Commander Edition x64』又は
 『ARES Standard Edition x64』をインストールします。

05. 新しいパソコンにて 01.~02.の『Roaming』フォルダまで開き、デスクトップに

 ある『ARES Commander Edition x64』又は『ARES Standard Edition x64』

 フォルダを移動します。

06. 移したフォルダを開き、中にある『crashes』と『.license』を削除します。

07. 全てのフォルダを閉じます。

08. インストールした『ARES Commander Edition x64』又は『ARES Standard
  Edition x64』に適合した『JTools 各種ツール』をインストールし、パソコンを

 再起動します。
 ※ 『JTools JWW 互換』も必要な場合は『JTools JWW 互換』もインストール

 します。

 ※『ARES Commander 2020』に関しましては、 UNDET Point Cloud (別売:
 点群サポート プラグイン)、Render (別売:レンダリング プラグイン) をご購入

 頂いておりましたらインストールします。

09. ARESを起動します。これで設定が移行されますが、『移行アシスタンス』が
 表示された場合は、『設定の移行元』を設定を移行させたいバージョンを

 選択し、 『プロファイル』の『すべてのプロファイル』を選択した上で、

[OK]をクリックします。

※ 08. の適合とはインストールしたARESのbuildバージョンが一致して

いることです。『JTools 各種ツール』、『JTools JWW 互換』のインス

トールにておいて、『ARES Standard xxxx がインストールされていない』

等のメッセージが表示されましたら、

FAQ『ARESをバージョンアップしたら[JTools]や[JWWTools]が

   表示されなくなった』

 https://support.graebert.jp/ja/articles/3486645 をご覧ください。

回答が見つかりましたか?