ARES Standard 2019/2020
ARES Commander 2019/2020

画層マネージャーが表示されなくなってしまいました。
FAQの「画層マネージャーが表示されなくなった」の方法で改善しませんでした。

画層マネージャーパレットが表示画面の外に出てしまっているためと思われます。

設定の初期化か profile.xml の書き換えにてご対応ください。

【設定を初期化する方法】
初期化の方法はFAQに詳細が載っておりますのでご覧ください。
ARES をインストール直後の状態に戻したい(初期化したい)
今の設定を保存しておき、ARESの設定を初期化する

【 profile.xml を書き換える方法】
画層マネージャーパレットの位置情報などは、profile.xml に保存されています。
以下の手順で profile.xml の内容を修正することにより、ドッキングされた状態に戻すことができます。

01. ARES を起動している場合は終了します。

02.  「C:\Users\<ログイン名>\AppData\Roaming\ARES <StandardまたはCommander> Edition x64\<製品のバージョン>\Profiles\__unnamed profile__」フォルダにある「profile.xml」のバックアップを取ります。
(バックアップはデスクトップなど、わかりやすい場所に作成してください)
ご使用の製品のバージョンの確認方法は「ARES のバージョンの確認方法」をご覧ください。

03. 任意のエディタでバックアップではない方の「profile.xml」を開きます。

04. 「<group name="layermanager">」という文字を検索します。
 (Ctrl+F にて検索エディタが表示されます)

05. そこにある floating の値を true から false に変更します。

06. 変更を上書き保存します

07. ARESを起動させ、画層マネージャーが表示されていることを確認してください。

回答が見つかりましたか?