ARES Standard 2020
ARES Commander 2020

ARES 2020 起動時に「実行ファイル********.lsp は、信頼できるフォルダにありません。このまま実行ファイルをロードしますか?」というメッセージが出ます。

以前のバージョンではこのようなメッセージは出ませんでした。

このメッセージは LISP の個数分「はい」をクリックしなくてはいけません。

何故このようなメッセージが出るようになったのでしょうか?

こちら「セキュリティオプション」という ARES 2020 からの新機能となっております。

SECURITYOPTIONS コマンドにて設定の変更が可能となります。
(設定変更には管理者権限での ARES の起動が必要となります)


デフォルト設定ではセキュリティレベルは「中(M)」に設定されています。
「中」の設定では[実行ファイルの信頼できるフォルダ]に入っている以外の lisp などを使用しようとするとセキュリティに引っかかりメッセージが出る仕様となっております。

セキュリティレベル「高(H)」は使用不可、「オフ(O)」は ARES 2019 以前と同様にメッセージが出ない仕様です。

[実行ファイルの信頼できるフォルダ]に lisp のフォルダを追加することにより「中」設定でもメッセージが出なくなります。
追加した際[REGファイルを作成]にてレジストリファイルを作成し、それを共有していただくことにより、他の方々も設定が簡単に行えます。

回答が見つかりましたか?