予期しないクラッシュなどで強制終了となってしまったとき、図面を回復する方法はありますか?

停電、ハードウェアの問題、ソフトウェアの問題などによりシステムが予期せず終了した場合、図面修復マネージャーで図面ファイルを修復できます。

また、既存の図面を開けない場合や、コンピュータに回復可能な図面ファイルが存在するかどうかを確認する場合にも、図面修復マネージャーを利用できます。

●図面修復マネージャ-を使用して図面を修復するには:

1.まず、次のいずれかを実行して、”図面修復マネージャ-”パレットを開きます。

・メニュー[ファイル]→[図面修復マネージャー]をクリックします。

・[アプリケーションボタン]→[管理]→[図面修復マネージャー]をクリックします。

・コマンドプロンプトに「DRAWINGRECOVERY」コマンドを入力します。

2.次に、”図面修復マネージャ-”パレットの「ファイルを修復」で、以下の通りに図面を修復します。

・ルートエントリにあるファイル名を右クリック(または、ルートエントリをダブルクリック)して、プルダウンメニューから「すべての図面を開く」をクリックします。

すると、ルートエントリ上にあるファイル名がすべて表示されるので、その中から、修復するファイルを選んで開いた後、dwgファイルとして保存しなおします。

・ルートエントリの下にあるファイル名から修復するファイル名を右クリックして、プルダウンメニューから「開く」をクリック(または、ファイル名をダブルクリック)します。

すると、その指定したファイルが開きます。そして、dwgファイルとして保存しなおします。

●図面修復マネージャーパレット

【パレット】

図面修復マネージャ-のパレットには、次の3つのセクションがあります。

1.ファイルを修復

使用図面に紐づく修復できるファイルをツリー構造にして表示します。各ファイルについて、使用可能な自動保存ファイルとバックアップファイルが一覧表示されます。

2.詳細

図面ファイルの詳細:ファイル名、ファイルパス、作成日時、最終保存日時、ファイルサイズ、およびファイルを最後に編集したユーザーの名前などを表示します。

3.プレビュー

図面ファイルのプレビュー画像を表示します。

・パレット上部にある次のツールバーボタンを使用できます。

【ボタン】

・詳細ビュー切り替え

パレットの詳細ビュー表示のオン/オフを切り替えます。

・プレビューをトグル

プレビュー表示のオン/オフを切り替えます。

●図面修復マネージャーは以下のファイルタイプをサポートしています。

【ファイルタイプ】

・dwg、dws、dwt

図面ファイル、標準図面ファイル、図面テンプレートファイル。これらのファイルは修復可能です。

・ds$

自動保存ファイル。これは、指定時間間隔で自動的に作成されるバックアップファイルです。[オプション]→[システムオプション]→[自動保存/バックアップ]→[自動保存/バックアップ]→[ドキュメント保存期間」で、自動バックアップファイルとしてds$ファイルを保存する間隔を分単位で指定できます。

・bak

バックアップファイル。このファイルは手動で図面ファイルを上書き保存するたびに、現在の図面ファイルと同じフォルダーに作成されます。[オプション]→[システムオプション]→[自動保存/バックアップ]→[自動保存/バックアップ]→[各保存時にバックアップを保存]で、このbakファイル作成のオン/オフを切り替えます。

・filename_recover_yyyy-mm-dd.dwg
リカバリファイル。このファイルは、予期しない障害またはクラッシュが原因で強制終了となったとき、元のファイル名に、その問題が発生した日付を”_yyyy-mm-dd”として、ファイル名に追加して保存されます。

※自動保存およびバックアップオプションの詳細については、ヘルプファイルの自動保存およびバックアップオプションの設定」を参照してください

回答が見つかりましたか?