2020年4月1日

ARES Standard 2018/2019/2020
ARES Commander 2018/2019/2020

モデルスペースで作図した破線や一点鎖線などが、シートスペース上のビューポートに表示させると実線に見えてしまったり、逆に破線部分と実線部分が極端に長く表示されたりすることがある。

「PSLTSCALE」システム変数を変更します。

現在設定されている値とは逆(0→1または1→0)に切り替えてください。

次に、REGENALLコマンドを処理して、図面の表示を更新します。

※PSLTSCALEはデフォルトで 1 に設定されています。この設定では、すべての線種がシートスペース上のビューポートの倍率に合わせて拡大縮小されます。

PSLTSCALEが 0 に設定されている場合は、線種はモデルスペースの倍率に合わせて拡大縮小されます。

回答が見つかりましたか?