開発者向けヘルプ(ARES 2020 版)のダウンロード

ファイル(API Help ARES 2020.zip)には次の内容が含まれます。

  • はじめにお読みください

  • ARES開発向けガイド(.Net編).pdf

  • ARES開発向けガイド(C++編).pdf

  • ARES開発向けガイド(その他編).pdf

  • ActiveXフォルダ

  • build フォルダ

  • CFxSampleフォルダ

  • Lispフォルダ

  • managed フォルダ

LISPとDCLによるプログラミング

ARES開発向けガイド(その他編)をご覧ください。

Lispフォルダには、日本語に翻訳された ARES LISP リファレンスが含まれます。

.Net (Visual C#, VB.Net) によるプログラミング

ARES開発向けガイド(.Net編)をご覧ください。

managed フォルダには、Visual C# と Visual Basic で書かれたサンプルプログラムが含まれます。

オートメーションによるプログラミング

ARES開発向けガイド(その他編)をご覧ください。

ActiveX フォルダには、ARES ActiveX の概要を記したヘルプファイルと、Microsoft Excel のマクロを含むサンプルワークブックが含まれます。

C++ (CFx SDK)によるプログラミング

ARES開発向けガイド(C++編)をご覧ください。次の手順が含まれます。

  • Visual Studio 2015 のインストール手順

  • ARES Commander 2020 SDK のインストール手順

  • Qt オンラインインストーラーによる Qt 5.12.3 SDK のインストール手順

  • CFx SDK によるアプリケーション開発の手順

build フォルダには、ARES開発向けガイド(C++編)で説明している、ARESやQtのヘッダーファイルやライブラリファイルへのパスを、C++プロジェクトに追加するプロパティシートなどが含まれます。

CFxSample フォルダには、サンプルプログラムが含まれます。

旧バージョンの開発ガイド

ARESの旧バージョンの開発者向けヘルプもあります。

回答が見つかりましたか?