VB.Net で色選択ダイアログを使用するサンプルコードはこちらになります。

VB.Net の .Net Framework を使用したクラスライブラリを作成し、

FxCoreMgd と TD_Mgd を参照設定します。

Imports Teigha.ApplicationServices
Imports Teigha.EditorInput
Imports Teigha.Runtime
Imports Teigha.Windows
Public Class Class1
<CommandMethod("VBGETCLR")>
Public Sub cmdVBGetClr()
Dim doc As Document = Application.DocumentManager.MdiActiveDocument
Dim io As Editor = doc.Editor
Dim cld = New Teigha.Windows.ColorDialog()
cld.IncludeByBlockByLayer = True
cld.SetDialogTabs(ColorDialog.ColorTabs.ACITab Or ColorDialog.ColorTabs.TrueColorTab Or ColorDialog.ColorTabs.ColorBookTab)
If cld.ShowDialog() = System.Windows.Forms.DialogResult.OK Then
io.WriteMessage(vbLf + "Ret={0}", cld.Color.ToString())
End If
End Sub
End Class

実行結果

: VBGETCLR
Ret=53
: VBGETCLR
Ret=29,203,226

制約

ARESではカラーブックが使用できないので、ColorDialog.ColorTabs.ColorBookTab を指定しても無視されます。

回答が見つかりましたか?